最新情報

2016.03.03

第85回 高橋博之と語る車座座談会(3/13開催)

座談会
2016.03.03

現場を体感。東北食べる通信「現地ツアー&出荷祭」体験レポート

現地イベント
2016.03.03

【日本食べる通信リーグ】2016年度採用について

求人
2016.03.03

判断基準は「地域のためになるかどうか」だけ −−『下北半島食べる通信』編集長・園山和徳

地域おこし協力隊
2016.03.03

表舞台に立たない漁師たちに光をあてるのは漁協の使命 −−『綾里漁協食べる通信』編集長・佐々木伸一

生産者
2016.03.03

テレビ局のコンテンツ制作力を活かし、食を通じた地域貢献を目指す −−『築地食べる通信』発行人・吉澤有

メディア
2016.03.03

協力隊の任期中にできることを考えた時、その活用を思いついた −−『魚沼食べる通信』編集長・井上円花

地域おこし協力隊
2016.03.03

30歳の副町長が語る「食べる通信」と地域づくりの鉄則 −−『長島大陸食べる通信』編集長・井上貴至

行政
2016.03.03

生産者が身近にいる「都市型」ならではの楽しみとは −−『神奈川食べる通信』編集長・赤木徳顕

飲食店
2016.03.03

簡単に利益は出ないが、純粋にやりたいことが目指せる事業 −−『兵庫食べる通信』編集長・光岡大介

飲食店
2016.03.03

二拠点生活から移住、少数読者と濃いつながりを実現 −−『稲花-ineca-食べる通信 from 新潟』編集長・手塚貴子

移住者
2016.03.03

山形特有の良さを見出すために、日本全体を俯瞰する眼を持ち続けたい −−『山形食べる通信』編集長・松本典子

移住者
2016.03.02

「今あるもの」のなかからどう引っ張ってくるかを考える −−『そうま食べる通信』共同編集長・小幡広宣

地域プレイヤー
2016.03.02

揃いも揃って素人。でも感性豊かなメンバーが集まった −−『そうま食べる通信』共同編集長・菊地基文

生産者
2016.03.02

震災を機に退職、移住。視線の先には常に地元がある −−『東松島食べる通信』編集長・太田将司

地域プレイヤー