テーマ型の通信がスタート!
「マイファームつくる通信」ご紹介


新しく仲間入りしたテーマ型の食べる通信、マイファームつくる通信をご紹介します!「つくる?」と思われた方!そうなんです。「食べもの」ではなく、あなたが「つくる人」になるために「種」が届くのが大きな特徴です。

発行元の株式会社マイファームは、体験農園や農業学校などの経営を通じて「自産自消」ができる社会創りに取り組んでいます。「つくることに携わる人が増えることで生産することの大変さや価値を理解できるようになる」と代表の西辻さんは語ります。「つくる人」と「たべる人」をつなげるのが『食べる通信』ですが、『つくる通信』は「たべる人」がつくる体験をすることで両者の距離をさらに縮めようとしています。

よくある「F1種」ではなく、「固定種」が届くことも魅力的です!「固定種」とは、よくできた野菜を選んで種を取り、その種を蒔いて育ててまた種を取る、という流れを何代も繰り返しながらはぐくまれた種です。肥料や農薬に頼りすぎずに育てることができ、力強い野菜ができると言われています。(F1種は、流通させるのに「よい特性」が一代限り現れるように交配されているもので、作物から種をとって育てるには向いていないと言われています)

自分もつくる人になるのは、ステキだけどハードルが高いと感じる方は少なくないはず。実は私も実物を見るまではそう思ってました。が、創刊号を見てびっくり!ハードルを下げるためのあらゆる工夫がされていて、小学生の夏休みの宿題以来植物を育てたこともない私が「これならベランダでも育てられそう!」思えるくらい、優しさにあふれていました!「生産者さんかっこいい」の憧れからもう一歩を踏み出すお伴にもってこいの「マイファームつくる通信」、よろしくお願いします!

▼お申込みはこちらから
https://taberu.me/subscribe/myfarm/

▼公式webサイト
http://tsukuru.shop/

▼数量&期間限定でクラウドファンディングに挑戦中!おいしいハチミツつきの特典も🐝〜
https://www.makuake.com/project/myfarm/


マイファームつくる通信

月刊
980円
自産自消

つくる通信の大切にしている言葉「自産自消」。自分で野菜を作り、収穫し、食べるという一連の作業を通して、一人一人が自然と対峙し、自分の世界観を深め、他人との共生を考える。そしてそこから、より豊かな生活が得られる社会を作っていくことを目指しています。

この食べる通信を購読する