[新聞]1月4日
【朝日新聞で高校生編集部の様子をご紹介いただきました】


2017年1月4日、朝日新聞の福島版の「未来へ」というコーナーに、こうふく通信編集部の高校生たちの様子をご取材いただいた記事が掲載されています。冬号の編集長を務める高野、彼女に憧れる後輩の姿として渡辺の様子を丁寧に描いていただきました。

未来を担う人材の「憧れの連鎖」。新年早々、気持ちが引き締まる思いですね。どうぞ今年もよろしくお願い致します。

▼記事はこちらからご覧頂けます▼
http://www.asahi.com/area/fukushima/articles/MTW20170104071620003.html

さて、2017年は酉年ということで、1月下旬発送予定の冬号は「川俣シャモ」の生産者斎藤正博さんをご紹介する予定です。
1月8日正午までお申込みを承っておりますので、是非これを機会に購読のお申込みをお願い致します!
お申込はこちらから!


高校生が伝えるふくしま食べる通信

季刊
2,500円
福島県

はじまりは「大好きな福島が誤解されて悔しい」という想いから。高校生は企画・編集を通じて毎号成長を重ねながら、真摯に向き合う農家さんを発信することで、自然体で福島に向き合って下さる皆さんの輪を広げます!

この食べる通信を購読する