日本食べる通信リーグの新しいロゴが完成しました!


FINAL_LOGO_(ロゴ+文字)

日本食べる通信リーグの新しいロゴが完成しました。商標登録審査を通過し、晴れてお披露目となります。

以下、代表・高橋博之によるロゴの解説です。

 

このロゴに込めた思いについてですが、見ての通り、「いただきますの手」をイメージしています。

日本独自の文化である”いただきます”という挨拶は、生産者、そして食材の命に感謝しながら、自分の命につなぎかえるという行為です。食べることは生きること。大量消費社会で見えづらくなった食に対する感謝の気持ちを取り戻すこと、すなわち”いただきます”を取り戻すことは、私たち「食べる通信」の大きな使命です。また手に添えられた箸は、生産者と消費者の橋(箸)渡しという食べる通信の役割を表しています。

このロゴを見たら、多くの人に「食べる通信だ」とすぐ連想してもらえるようになっていきたいです。世界中で都市化が進み、生産者と消費者の分断が大きな問題となりつつある今、日本にとどまらず、世界に通用するロゴ、そしてブランドに育てていきたいと思います。みなさま、どうぞよろしくお願いします!

日本食べる通信リーグ代表 高橋博之