【食べる通信の舞台裏が本になりました!】学芸出版社「ローカルメディアのつくりかた」


51ZQSX62P+L._SX342_BO1,204,203,200_

「普通、食の宅配サービスって、食材と一緒に生産者の情報が書かれた紙切れが一枚入っていますよね。僕らはそれをひっくり返したんですよ。」

 

食べる通信誕生のストーリーや「食べる通信リーグ」のシステムなど、舞台裏の仕組みについて取材いただいた学芸出版社刊「ローカルメディアのつくりかた」(著:影山浩樹)が出版されました。他にも『みやぎシルバーネット』(宮城県仙台市)、『ヨレヨレ』(福岡県福岡市)など、地域のなかでコミュニケーションやコミュニティをうみだす「ローカルメディア」の編集・デザイン・流通にクローズアップしその舞台裏を明らかにした書籍です。

この書籍の中、「食べる通信」は24ページのページを割いて特集いただいています。「食べる通信の裏側」ご興味おありの方、是非手にとっていただければと思います。

 

ローカルメディアのつくりかた:人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通(学芸出版社)

販売ページ(amazon)