3/6(火)東京で交流!「沖縄の無農薬フレッシュハーブと泡盛を楽しむ夜」


<< 岸本ファーム、おきなわ食べる通信、沖縄の食や農、有機栽培農業に関心がある方であればどなたでも参加できます >>

3/6(火)東京で開催!「沖縄の無農薬ハーブと泡盛を楽しむ夜」

岸本ファーム(糸満市)のみなさんと無農薬のハーブを楽しみながら交流

 

農薬を一切使わないことで味も色も持ちも違うハーブができる
 糸満市の 岸本ファーム(2017年10月特集)
岸本洋子さん、諏訪さん、赤嶺さんを東京にお招きします

岸本ハーブが作った、無農薬のハーブ・とれたての島野菜・エディブルフラワーを使った料理&泡盛をいただきながら楽しく語り合う会を開きます。
東京で、沖縄の生産現場の声を聞くチャンスをお見逃しなく!

会場は、沖縄の長嶺編集長のお店 カラカラとちぶぐゎ〜 (古酒BAR&琉球DINING)とつながりの深い、神保町の 東京アチコーコーにて。店主の笑顔とお料理も絶品です。

ーーー
●日時:3月6日(火)19時〜21時
●場所:東京アチコーコー(神保町・水道橋・御茶ノ水)
●会費:6000円(お食事・飲み放題付き)
    ※当日現金でご清算ください。
●定員:先着13名様

●申込み方法:okinawa@taberu.me まで、お名前と参加人数をメールでご連絡ください。返信メールをもちまして受付完了となります。

※受付完了メールをもちまして、お申し込みとなりますのでご注意ください。キャンセルのご連絡は前日3月2日(金)15時までにお願いします。

※facebookのアカウントをお持ちの方はこちらでもご案内しています。

前回の同店でのイベントの様子


おきなわ食べる通信

隔月刊
3,980円
沖縄県

亜熱帯の島々で「体が喜ぶ」食品づくりに取り組んでいる方々をご紹介していきます。「食べることは“ぬちぐすい(命の薬)”」。沖縄の先人たちが伝え残したこの名言を、多くの皆さんにも読んで食べて実感していただければ幸いです。

この食べる通信を購読する