2/17(土) 京都食べる通信トークイベント
「栽培に1年半。昔ながらの方法で栽培された、
 九条太ねぎのおいしさを知ろう」


京野菜の中で、1番有名なのはおそらく九条ねぎなのではないでしょうか?九条ねぎは葉ねぎの代表として、今では日本全国で食べることができるようになりました。品種改良が進み、九条ねぎと一言で言っても夏でも栽培しやすいものや収穫量が多いものなど、様々な九条ねぎが1年中市場を賑やかせています。
そんな九条ねぎですが、やはり本当の旬は冬。昔は「九条太ねぎ」と呼ばれる、1年半もかけて栽培されるものが主流でした。栽培に手間がかかる上に収量が少ないことから、今ではほとんどの農家が栽培を止めてしまった九条太ねぎは、通常の九条ねぎよりも太くて柔らかく、香りも強く感じられる絶品のねぎです。
今回、昔ながらの方法で九条太ねぎを栽培する中西勉さんをお呼びして、九条ねぎの食べ比べをしながら九条太ねぎの魅力に迫ります。
(九条太ねぎの試食付き)

イベント詳細、お申込は下記サイトへ!
https://www.muji.com/jp/events/11775/

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
開催日:2018年2月17日(土)
開催時間:①13:00~14:30 ②15 :30~17:00
開催場所:無印良品 グランフロント大阪 北館4F
申込方法:下記サイトよりお申込みください
https://www.muji.com/jp/events/11775/
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*


京都食べる通信

隔月刊
3,000円
京都府

【京都を深く知るフードジャーナル】 京都の知られていない魅力を生産者を通して知ってほしい!という想いから、ホテルカンラ京都・アンテルーム京都を運営しているまちづくり会社・UDS株式会社が京都食べる通信を制作します。 2ヵ月に一度、京都府の生産者や産地情報が載った情報誌と、食材をセットにしてお届けします。

この食べる通信を購読する