1/14(日) 無印有楽町店×東北食べる通信ワークショップ
「たまごのひみつ〜福島で育てる1パック830円の卵のはなし〜」


福島県相馬市で1パック830円の卵を育てている大野村農園の菊地将兵(しょうへい)さん。震災後にふるさとに戻り、日本で一番安全な卵を目指してつくられたのが「相馬ミルキーエッグ」です。今回はそんな菊地さんを招いて、どのような場所で、どのように鶏を育てているのか、福島原発事故の被害を受けた相馬で、菊地さんがどんな想いで農業に取り組んでいるのかを語っていただきます。

安全な食のこと、その食が生まれる現場のこと、それを育む人のこと、福島のことを感じ、考える時間にして頂ければ幸いです。お土産には菊地さんが大切に大切に育てた相馬ミルキーエッグをふたつ、プレゼントします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
日時:1月14日(日)①14:00~15:30 ②16:30~18:00
開催場所:無印良品有楽町 3F OpenMuji
参加費:2000円
講師:菊地将兵/大野村農園
その他:東北食べる通信11月号+相馬ミルキーエッグのお土産つき
お申込み:https://www.muji.com/jp/events/11325/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


東北食べる通信

月刊
1,680円(送料別・消費税込み)
東北

編集部が東北中を駆け回って惚れ込んだ、農家さん・漁師さんの物語をお届けします。茎付きのサトイモ、殻付きの牡蠣…一緒に届ける食べ物もなるべく自然に近い状態にしています。ぜひ家庭で畑や海の香りを楽しんでください。

この食べる通信を購読する