\東京の中心で原木しいたけを収穫するイベント/
@無印有楽町店【イベントレポート】


  
先日行われた前代未聞の【東京の中心で原木しいたけを収穫するイベント】について、レポートします!

ホストは奈良 食べる通信の福吉編集長と源口副編集長!講師は新鮮しいたけおかもとの岡本 隆志さん!奈良は吉野から、原木しいたけを担いでやってきてくださいました!
会場はしいたけと木と土の香りにつつまれ、会場前の通路には思わず立ち止まったり写真をとったりする方が続出。都会で暮らしていると、木から生えているしいたけを見る機会ってそうそうないですよね。参加者の方からは、「木についたままだとこんなにもカサは広がるのか!」など、驚きの声があがりました。
岡本さんは1万本以上の原木を、なんとほぼお一人で育ててらっしゃるそうです!中でも大変な作業が天地返し。(木の中の水分が偏らないように、木の向きをいれかえる作業です)苦労や工夫があって、はじめてこんなにもおいしいしいたけが育つのだと改めて教わりました。
週末のお昼開催ということもあり、お子様連れのお客様にも沢山お越し頂きました!最年少だった写真の彼は、恐らくはじめて見るであろう大きな椎茸との遭遇におどろき・・この後、原木しいたけに生でかぶりついていました。おいしかった・・よね?スタッフ一同、天使たちの笑顔に癒やされました〜♡
お越しくださった皆様、ありがとうございました!

次回は長島大陸食べる通信現役大学生編集長の間瀬 海太編集長が、島外不出の秘蔵焼酎【島娘】をもってやってきますよ〜!鹿児島のあの人気焼酎【島美人】の秘密にせまります!8/19(土)、スケジュールあけておいてくださいませ!


奈良食べる通信

隔月刊
2,380円(送料別・消費税込み)
奈良県

1300年前、都があった奈良は日本の中心でした。シルクロードを介して、世界中の最先端の技術が伝播し、食習慣を食文化へと昇華させた土地。コンセプトは「食でめぐる奈良」。 “食”のルーツを探る旅に出かけませんか?

この食べる通信を購読する