トークイベント「山形・宮城 えだ豆合戦」を開催しました!


こんにちは!東北開墾インターン生の石川です。

今回は先日開催されたトークイベント、「山形・宮城 えだ豆合戦!」の様子を報告させていただきます。

東北開墾では今年度中に5回、店舗の「土着化」を目指す無印良品さまと一緒に今回はその2回目。

無印良品仙台ロフト店のOpen MUJIスペースに、定員いっぱいの約20名の枝豆好きのみなさんにお集まりいただきました!

img_1443

今回取り上げたのは、宮城がほこる「仙台ちゃ豆」と、山形県庄内地方名産の「だだちゃ豆」です。

そこで出てきたのは伝統野菜の話、豆の味の違いや栄養、地域独特の食べ方などなど…

参加者の方々はどの話題も熱心に聞いてくださり、イベント中に交わされる質問からもみなさんの枝豆愛がひしひしと伝わってきました!

img_1446-2

 

私は先日滞在させていただいていた、山形県鶴岡市のだだちゃ豆農家・小野寺さん一家の様子やそこで感じたこと、長男の紀允さんに教わっただだちゃ豆の歴史や豆知識などをお話させていただきました。

みなさんとても真剣に聞いてくださっていて、私が現地で感じた小野寺さん一家のだだちゃ豆や農業、食に対する熱い想いが少しでも伝えられたと思うととてもうれしかったです!

img_1450

最後の試食の時間には塩茹でのほかに、鶴岡市の農家さんの間で親しまれているという「だだちゃ豆の味噌汁」を振舞いました。

「え、おいしい!」という驚きの声も多数あがり、にぎやかで温かい雰囲気のうちにイベントは終了しました。

img_1472-2

だだちゃ豆を提供してくださった小野寺さん、お越しくださいました皆さんありがとうございました!