備中食べる通信 食育講座【笠岡 いいたこをフレンチで!】


3月末に創刊した笠岡のいいたこを使って 食育講座を

しました。 備中食べる通信は発刊ごとに食育講座と現地ツアーを

実施しています。 

地元 岡山の方にももっと地元の食材の良さを知って頂きたいと

長年続けている「食育講座」復活です!

3月に笠岡漁港のおばちゃんに下処理をしてもらって冷凍した

いいたこをさっと茹でて、今日はオシャレにフレンチでいただきます。

当日のMENUは  

たことホタテ、マッシュルームの香りバター焼きバケット添え

アジとたこムニエル グルノーブル風オリーブ風味のマッシュポテト添えて

バナナのソテー オレンジ風味バニラアイスと共に

お家でも簡単フレンチにチャレンジしてみて下さいね。 

レシピ以外にも 笠岡の島でとれたひじきとタコをオリーブオイルでさっと

いため、タイム・塩・コショウで味付けしたものもサプライズで作ってくれました。

岡山ではいいたこは醤油で甘辛く煮たり、酢味噌やポン酢でいただくのですが

フレンチ風もいいね!と 大好評です。

3時間 地元の方と生産者や産地の事も話したり、一緒に食事を頂くことで

和気あいあいと【食】について話しができるこの時間は大切な時間です。

参加者全員は 「備中食べる通信」笠岡編を見ながら料理します。

その他の食材も可能な限り 地元産の野菜を使いました。 私から直接紹介

させて頂きます。 お伝えする機会が増えた事 嬉しい限りです。

お蔭様で 5/8の笠岡のひじきの産地 六島ツアーも30分で完売です。

発刊の苦労もありますが、地元の方とこの「備中食べる通信」を一緒に

体験する事 スタッフの励みにもなります。 

さて 5月、7月は白桃の郷 玉島(山陽新幹線 新倉敷駅)を2号

続けて取材していきます。 お楽しみに♪

 

 

 

20160421 07 O5 O3 O1


備中食べる通信

隔月刊
3,580円
岡山県備中地域

地域に根ざした『食』とはなにだろう?何代も受け継がれ、人々からずっと愛される存在。備中地域の食材と風景を、生産者の「思い」が消費者の「価値」であるように様々な視点から『おいしい』を提案していく「おんころりん」 ※現在購読受付を停止しております

この食べる通信を購読する