都市住民にかけている共感力


(下記は、東北食べる通信編集長・高橋博之のプレゼンを書き起こしたものです)

消費者と生産者が共感できない時代

1

高橋博之
これは、昨日の河北新報の朝刊1面です。ここに「今年は米の値段が暴落して、米農家さんが大変困っている」というニュースが書いてあります。具体的には、秋田県産のひとめぼれが今年は8,400円、去年に比べて2,800円下がったと。そして農家が泣いているというニュースです。

みなさんはこのニュースに触れたとき、一体何を感じるでしょうか? おそらく、「いやぁ、米農家も困ってるんだな、大変なんだな」と同情すると思います。けれどもこの新聞を読み終えた途端に、みなさんの頭の中からこのニュースは消えてしまうのではないでしょうか。

私たちが毎日食べているお米。これを作っている生産者が困っているんですから、決して他人事ではいられないはずです。だけれども、どうしてこうも他人事になってしまうのでしょうか。

それは、困っている農家の具体的な顔が思い浮かばないからだと思います。もしも顔が思い浮かぶ農家が知り合いにいたら、決して他人事ではいられないのではないでしょうか。その相手との関係性が「共感力」を育むのです。

消費者と生産者が大きな流通システムで分断されてしまったこの国で、私たち消費者が得られる食べ物の情報は、値段、見た目、食味、カロリーなど、全て消費領域の話です。もちろん食べ物を選ぶ上でこれらの情報も大事なわけですが、決定的に欠けている情報があります。それが食べ物の裏側にいる、血の通った人間の存在です。

2

みなさんは日頃食べている食べ物の中で、生産者の顔を何人知っていますか? おそらく1人も知らないという人が大半ではないでしょうか。共感力を失ってしまった日本の一次産業は今、深刻な状況になっています。

私が生まれるちょっと前の1970年には、農家は1,025万人もいたんです。それが今、260万人に激減しました。そのうち実に75%が60歳以上の高齢者です。そして、私と同じ40歳以下の若い農家さんはたったの17万人しかいません。漁師に至っては、同じ1970年に57万人いました。それが今や17万人。そして過半数が60歳以上の高齢者で、40歳以下はたったの2万人です。

10年後、20年後、私たちの食べ物を誰が作っているんでしょうか? おそらく今、私のこの問いかけに対してみなさんは「いやぁ、一次産業をなんとかしなきゃいけない」という気持ちになっていると思います。だけれども、やはりこの会場を出た途端に、みなさんの気持ちはどこかに消えてしまうでしょう。

私たち消費者に決定的に欠けているのは、私たちの命に直結する一次産業の問題を自分事化する「共感力」なんです。そしてこの日本の一次産業を立て直していくために、食べ物の裏側にいる人間の存在を知り、そことつながっていくことで共感力を磨いていくことが大事だと思います。そこで、私が考えついたのが、食べ物付きの月刊誌『東北食べる通信』です。

付録が食べ物!「東北食べる通信」の効果とは?

3

毎月東北の生産者をクローズアップして特集し、その生産者が育てた食べ物を付けて読者に送ります。普通の食の宅配サービスは、ダンボールに野菜がぎっしり詰まって、そこに生産者情報の紙切れ1枚が入っていますが、我々はそれをひっくり返したんです。この紙切れ1枚こそ、この生産者の生き様こそがメインの商品であると。そしてそこにあえて付録として、こうして食べ物を付けました。

4

1年間やってきて、今読者が1,400人になっています。読者は届いた雑誌、16ページありますけれども、まず生産者のことを知る。その上で調理をして食べる。ここで終わりません。我々は特集した生産者と読者をFacebookのグループでつなげてみました。

そうしたところ、実に活発なコミュニケーションが起きたんです。だって初めて知ったわけです、自分が口の中に入れる食べ物を作っている人を。そうして多くの読者の方が、「こんな風に息子と調理して食べました」というレシピの写真の投稿とともに、生産者に対して感謝の言葉を書き込みます。

「ありがとうございます」「感動しました」「ごちそうさまでした」。連日食べ物への感謝の気持ちを生産者に伝えました。
そして生産者も、これまでは流通に出して終わりです。しかし、食べて喜んでくれる人の声に連日触れて、「よし、もっとうまいものを作ってやろう」と、生産意欲を増しています。さらに、SNSの交流だけではなくて、実際に生産者さんを東京に呼んで交流会を開いたり、あるいは読者が生産現場を訪ねて実際に体を動かして出荷を体験する、こういうリアルの体験イベントも行っています。

農家のピンチは消費者のピンチ

これらの一連の体験をパッケージとして毎月読者の皆様にお届けしているわけですが、こうした一連の体験を通じて、読者は共感力を増していきました。その共感力をいかんなく発揮した事例が最近ありました。昨年10月号で特集した秋田県潟上市の米農家、菊地晃生さんです。

5

ここは彼の現場なんですけども、耕さない「ふゆみずたんぼ」という農法で、人間と自然にとても優しい米を作っています。

ところが今年は雨が長引いて、稲刈りの時期になっても田んぼがぬかるんだ状態で、稲刈り機のコンバインを入れても前に進まないという状況になったんです。小さな娘さん2人、そして妻と4人で手刈りをしても、例年の10分の1も刈り取れないということで、絶望の淵に立たされました。

彼はそこで、自分の窮状についてFacebookで発信して、食べる通信の読者グループにSOSを出したんです。そしたらば、何と200人に及ぶ読者を始めとする晃生さんの仲間たちが、秋田までわざわざ行って、裸足になって田んぼに入って、そして一緒に手で刈って。およそ野球場1つになるぐらい広大な1haのこの田んぼが、まもなく人力によって刈り取られようとしています。

つまり、読者と生産者が心配し合う、家族みたいになっているわけです。読者はこうして食べ物の裏側にいる人間の存在を知ることで、まさにこの米農家に降りかかった災難を自分事化して、そして自らを突き動かして生産現場に訪れていました。

都会の生活で失われる「命が喜ぶ」という感覚

私は今、血縁関係がどんどん希薄になっていく世の中にあって、食べる人と作る人がつながることによって豊かにできるコミュニティに可能性を見出しています。

6

1年間を通じて、私たちはこういうコミュニティを作りました。この中には、漁師もいれば農家もいます。前の方がそうです。後ろの方は読者です。見てください、この笑顔。笑顔になっているのは生産者だけではなくて、食べる方、読者の方も実はどんどんどんどん喜びに満ちてきています。

今回の秋田の米農家さんのところに手伝いに行った読者も、元気になって都会に帰っていくんですよ。自分の命を支えている食べ物がどういう自然環境に育まれ、そこに生産者がどういう手間を加えて作っているのかを肌で感じることで、読者は「命が喜ぶ」と言います。

私は1年間、この食べる人と作る人をつなげる「食べる通信」という仕事をしてみて、気づきました。生産者と消費者が分断され、困っていたのは実は生産者だけではなかった。消費者も命が喜ばず、元気を失っていたということに気づきました。そしてこの両者の間にある垣根を取り払い、両者が交わっていくことで、お互いの元気や生きる力を交換できるんだということを僕は彼らに教わったんです。

今、私たちは完成された消費社会を生きています。このスマートフォン1台あれば、マンションの1室に篭って何でも買えてしまうし、生きていける。だけれども、そこには波乱も困難もありません。食べ物を育む自然だったり、そこに手間を加えて食べ物を作っている生産者は、視界の外に消えてしまいます。

そうして予測やコントロールや、秩序や整理がなされた、完璧なまでの消費社会の中で、私たちは生きる喜びや生きる実感を気づかぬうちに失いかけてきたのではないでしょうか。

私は、そういう狭い世界をひっくり返したいと思いました。この構築された消費社会に風穴を開けたいと思いました。その方法を、私は「食べる通信」を通じて知ったんです。その方法を今日はみなさんに教えようと思います。

せまいせまい消費社会に風穴を開ける方法

7

何も地方に移住して生産者になる必要はないんです。都市に暮らしながらにしてできることです。それは、これまでの交換可能な「お金と食べ物」という貧しい関係から抜け出して、本来の交換不可能な「食べる人と作る人」という豊かな関係に戻すことで、みなさんにとって食べるということを、他者との関係性やまだ見ぬ広い世界とつながる回路として再生していくことができるんです。

そして、小さいかもしれないけれども、この回路を通じて構築された消費社会に、隙間、創造的なスペースを作り出して、そしてそこから私たちは生きる力や、生きる喜びや、生きる実感、そして想像力を取り戻していく。

狭い世界に閉じ込められた私たち人間が持っていた本来の可能性や精神性を、未来へと解き放っていくんです。その先にこそ、私たちの命が喜ぶ新しいフロンティアが待っていると思います。

私たちが暮らすこの日本で、私たちは今、命が喜ばない、命の居心地がとても悪くなっています。なんでこんなことになってしまったんでしょうか? 私は思います。頭と体のバランスが崩れ、我々はみんな頭でっかちになってしまったのではないでしょうか。消費社会というのは、私たちの頭が考え出し、創り出したものです。

それに対して、私たちがいくら考えても作り出せないものがあります。それが「自然」です。私たちはもともと自然から発生してきたので、自然の中に身を置くと誰もが心地良いと感じるでしょう。その自然を、消費社会は徹底的に排除してきました。そして、我々の体自体も、人間が作り出せないという意味では本来自然のものです。

ですから、「気持ちが良い」とか「美しい」とか「感動した」、こういう感情というのは頭ではなくて体で感じるものです。この身体性や精神性、感情も、消費社会は時に私たちから奪い去ってしまうことになります。

帰省ラッシュがなくなる20年後、地方と都市は融合できるか

8

同じことが、僕は日本にも言えると思うんです。人間は頭と体の釣り合いが取れるところが、必ずあるはずです。ここの均衡が崩れると、人は命の心地が悪くなります。

日本も今、「頭と体」の関係と「都市と地方」の関係、僕は似ていると思うんです。東京一極集中が加速し、そして全国の農村漁村が消滅の危機にあります。戦後かつて、長男が全国の農村漁村に残って、次男以下の兄弟が出稼ぎで作った町が今の東京・大阪・名古屋です。つまり都市と地方は血でつながっていたんです。ですからみんな盆暮れに帰省ラッシュするわけでしょう。

ところがあと20年、30年経つと、この帰省ラッシュがなくなると言われています。つまり、都市生まれ都市育ちの、故郷がない人間がたくさん量産されるということです。こうなると、都市と地方の分断は決定的になるでしょう。そうして消費社会に閉じ込められて、命が喜ばない、そういう人たちがまた量産されていく。

生物の進化というのは、自らの生存を脅かす環境変化に適応する形でなされてきました。消費文明社会の先頭を走って、命が輝かなくなった我々の日本は、もしかしたら人類の進化の最先端に今、立っているのかもしれません。
その進化とは、「頭と身体」「都市と地方」、もっと言えば「先進国と途上国」の均衡、バランスを図っていく、そういう壮大なチャレンジになっていくでしょう。

70年代、パーソナルコンピュータが出てきましたね。情報が贅沢品だった時代です。あの頃、人々は高揚しました。その場にいながら世界中の情報にアクセスできる。そうしてあの大きな箱を持ち運びできるようにして使いやすくしたのがスティーブ・ジョブズでした。その延長線上にこのiPhoneがあります。

しかし、もはやこの頭の世界、この箱の中の世界もかなり開墾してしまって、もはや情報は贅沢品ではありません。むしろこの世界最先端の消費社会において、私たちの贅沢品は今、「関係性」と「生存実感」になっています。

世なおしは、食なおし

そしてこの関係性、生存実感、生きる実感は、決してマンションの1室に篭ってiPhoneで買えるものではありません。自然に出て、そして生産者とともに、自らが生み出していくものなんです。そこが、私は新しく私たちの命が喜ぶフロンティアになっていくと思います。

そしてそのフロンティアは、1人の天才が切り拓くものではもはやありません。食べる人と作る人が一緒になって開墾していくんです。その先に新しい故郷が待っているのではないでしょうか。

9

Appleは、私たちの頭と知識を豊かにしてくれました。それに対して、私はこちらのアップル。リアルな食べ物、私たちの命を支えてくれるこのリアルな食べ物の世界につながることで、私たちの心を豊かに、そして私たちの命に輝きを取り戻していきたいんです。それを実現するために、こっちのアップルも上手に活用していきたいと思います。つまり、頭と体、都市と地方の融合です。

10

みなさん、誰にとっても身近なこの「食べる」ということから、みなさんお1人お1人が世界を変えられる力を持っていることを自覚してください。「世なおしは、食なおし」。さぁ、みなさん、進化の最前線を楽しみながら、世界を変える冒険に出発しようではありませんか。終わります。